30~40代の転職活動を考える、転職応援サイト

~元転職エージェントが語る、成功するための転職活動とは?~

転職にはパワーが必要だ!肉体的&精神的なタフさが成功の秘策

スポンサーリンク

f:id:bearkurou:20161129140838p:plain

「転職に成功している人」=「転職活動をしっかりしている人」

「転職には何が必要か」との問いに対し、よくある答えが「自分のやりたいことが明確であること」というものです。

ただ、「やりたいこと」が明確な人はどれだけいるでしょうか?

「転職活動をしっかりしている」人とは?

将来の目標が具体的であるのはよいことですが、そうでなくても転職を成功させている人はたくさんいます。

視点を変えて、転職に成功した人の共通点を見ると、「転職活動をしっかりしている」ということがまず挙げられます。

転職活動では、すべきことがたくさんあります。自己分析、企業分析、マッチング、職務経歴書などの書類作成、面接準備・・・。

志半ばで「もう疲れました」と、転職を断念することは少なくありません。

つまり、「転職活動をやり切るパワーを持った人が成功している」と言うことができるのです。

 

5社の面接にいくためには50社への応募が必要!

景気のよい時代、書類通過率(企業に応募した人が面接に進める確率)は2~3割と言われていました。しかし今、それは1割程度と言われています。つまり、10社応募して1社面接にいけるかどうかなのです。

また面接通過率は、現状1~2割程度と見られています。

これらの数字から、計算上は5つの企業の面接を受けるためには50社に応募しなければならない、と考えられるのです。

ちなみに私の経験上から言うと、「最低でも年齢の数だけ応募すること」とだと思っています。

転職に成功をした人に応募をした数を聞いてみると、平均して30~40社程度に応募しています。

多くの企業に応募しても、ご本人のキャリアに傷が付くわけではありません。

ダメ元で応募したら、意外にも書類選考が通過することがあるのです。

いずれにせよ、応募企業を増やしていくだけでも相当なパワーが必要であることは間違いありませんが、面接が通ってからその企業の研究を始めても遅くはありません。

あまり興味がない企業へ何となく応募してから面接の通知が来たら、面接を辞退しても問題ありません。

 

何度でも立ち上がる精神的なパワーも大切

転職活動をやりきるパワーには、精神的なパワー、不屈の精神力も必要です。

1回書類が通らなかっただけで、活動が滞ってしまう人、また活動をやめてしまう人は少なくありません。

しかし、現状の転職市場では、応募者100人のうち90人が書類で落ちていると考えられます。

ですので、落ちる度に落胆していてはキリがありません。落ち込んでいる間に、ほかの90人がほかの企業に応募して、内定を勝ち取っているかもしれません。

要するに、落ち込んでいる暇などないのです。

また、企業はこういう時期だからこそ、前向きなパワーを持った人を望んでいます。

「落ちてもしょんぼりしないで、次のチャンスにつなげる」

そんな前向きなパワーを見せられれば、企業側には魅力的に映ることでしょう。

 

その「エンジニア採用」が不幸を生む ?良い人材を見つけ、活躍してもらうには何が必要か?